モテる女になると孤独になる理由とは?

「モテない男」は女性を「人」として見ていて

「モテる男」は女性を「モノ」として見ています。

「えっ、逆じゃないの?」と普通、思いますが間違っていません。

これで合っています。

モテる男は女性を「人」としてではなく

「モノ」として見ているからモテるんです。

どういうことかというと

まずモテる男というのはモテるためならどんな努力も惜しみません。

モテるためなら

「女性が興味をもちそうな趣味や流行」

「女性が喜びそうなデートコース」など

女性が喜びそうなことはなんでもやります。

たとえば、女性を褒める場合でも

「女性は褒められたら嬉しい」とわかっていても恥ずかしくて

「モテない男」というのは中々褒められません。

対して「モテる男」の場合、まったく照れずに褒めます。

なぜなら、女性を「モノ」として見ているからです。誰でも宝石という「モノ」を見て「きれい」と言うのに緊張しないのと同じです。

さらに「モテる男」は女性を「モノ」としてみているから1人の女性に固執しません。

1人の女性がダメでもすぐに次の女性を探します。というか、元々、複数の女性に同時に声をかけます。

だから当然、女性と話す機会が増えるので恋愛の経験値が上がります。

すると、「女性を喜ばせる方法」が

経験からわかってくるので「モテる男」はさらにモテます。

対して「モテない男」は女性に一回フラれるとものすごくヘコみます。

モテない男は失恋すると昔の女性を引きずりやすいです。

すると、それが他の女性には「女々しく」見えて魅力が下がり

「モテない男」はさらにモテなくなります。

つまり

「モテない男」とは女性を「人」として見て

大事にしようと思ってはいるが

「女性を喜ばす方法を知らない男」であり、

「モテる男」とは女性を「モノ」として見ているが

「女性を喜ばせる方法を知り尽くしている男」だといえます。

>モテ技や恋愛マニュアルを読む人ほど恋愛に真剣な理由とは?で言った通り、

好きだからこそ、本気だからこそ

彼を喜ばせる方法を学び、磨かないといけません。

ですが、今言ったようにテクニックばかりを磨くと

モテる男のように人を「モノ」としてしか見れなくなります。

相手を「モノ」としてしか見れなくなると恋愛は楽しくありません。

相手と付き合うということがただの「ゲームの景品」にすぎなくなります。

恋愛テクニックを磨いて

男を「モノ」としてしか見れなくなったモテる女性は

残念ながら、好きな人と幸せにはなれません。

男にモテればモテるほどただ「孤独」になるだけです。

だから、あなたがこれから恋愛が

うまくいくための方法を学ぶなら

「好きな『人』を喜ばすために学ぶんだ」

という気持ちを忘れないようにしてくださいね。

ちなみに、余談ですが実際、知り合いの男性に

1000人斬りしたと豪語する超モテ男がいます。

女性からしたらこんな男は当然「敵」でしょうが、

「敵」の生態を知ることは自分の恋愛が

うまくいくためにも参考になるのでお話ししておきます。

この男性は今、言った通り、

女性を「モノ」として見ています。

女性を「モノ」として見ているために

同時に複数の女性に対して喜ぶことを恥ずかしげもなく実行します。

ですが、この男性に話を聞いてみると

全ての女性に対してモノ扱いしているわけではないそうです。

実はこういう男性も本命の女性にだけは

普通の男みたいに緊張するそうです。

この人はどうすれば女性が自分に惚れるかがわかっています。

たとえば、女性に惚れてもらうためには

たまに強引にいかないといけません。

しかし当然、強引にいけば嫌われるリスクがあります。

その人は好きでもない女性には

リスクなんて気にせず強引にいけるのに

本気で好きな女性には緊張して強引にいけなくなるそうです。

普通の男のように心の中で

「これやったら、嫌われるかも」と失敗を恐れて慎重になりすぎて

逆にうまくいかなくなることがあるそうです。

つまり

「普通のモテない男性」も「1000人斬りするモテ男」も

本気で好きになった女性の前では

「ただの恋する男の子」になるみたいです(笑)

だから

もし緊張せずに軽い感じであなたに「好き」と言ってくるような男性がいたら

あなたを「モノ」としてしか見ていない可能性があります。

反対にあなたが「なんかこの人といてもおもしろくないな」と思っている男性がいたら、

この男性はあなたのことが好きだから本当の自分を出せていないかもしれませんね。