好きな人の永遠彼女になるあなたへ>>

 
 
 

当ブログ管理人:浅羽英明より

 




好きな男性の好きなタイプに当てはまらなくても好きな人と付き合える理由

 

 

 

どうも、浅羽英明です。

 

 

 

今日も一緒に永遠彼女を目指していきましょう。

 

 

 

たとえば、あなたが気になる年下男性と会話していた時に、

彼に好きな女性のタイプを聞くと

 

「う〜ん、年下の女性かな」

 

と言われたとします。

 

 

 

あなたはどう思いますか?

 

 

 

きっと年上の自分には付き合うチャンスがないと思って

ガッカリするのではないでしょうか?

 

 

しかし、実は好きな男性の

好きな女性のタイプに当てはまってるかどうかは

付き合えるかどうかとはほとんど関係ありません。

 

 

もしあなたが聞いた好きな人の好きな女性のタイプが

自分と違っていても付きあえるチャンスは十分あります。

 

 

 

理由は簡単です。

 

【恋愛は「理性」ではなく「感情」でするもの】

 

だからです。

 

 

 

実際、思い出してみてください。

 

 

 

あなたやあなたの友達がいったどれくらい

付き合う前に言っていた好きなタイプの男性と

付き合ってるのかを。

 

 

きっと全然違うか、

ほとんど当てはまらないタイプの人と

付き合ってる人ばかりだと思います。

 

 

男性も同じです。

 

 

男女関係なく人は

付き合う前は「理性」で

付き合いたい異性を考えます。

 

 

しかし、実勢に付き合うかどうかは「感情」で決めます。

 

 

感情は理性で思い浮かべた人とは違う人をいいと感じ、

理性で恋愛感情をコントロールすることはできません。

 

 

 

この2つに大きなギャップがあることは

あなた自身も感覚的にわかるのではないでしょうか。

 

 

 

だから、あなた自身が好きな男性の

好きなタイプと違っても気にする必要はありません。

 

 

そこから親密系の魅力を与えていけば

彼女になることは十分可能です。

 

 

 

ただ好きなタイプを聞くメリットはあります。

好きなタイプを聞いてそこから過去の恋愛話に広げていけば、

深い話をしてもらうことができるからです。

 

 

 

だから、好きなタイプを聞くのは

そこに自分が当てはまってるかを知るためでなく、

彼に深い話をしてもらうためと割り切ったほうが

恋愛はうまくいきます。

 

 

 

男性の好きなタイプに合わせるのではなく、

自分を好きなタイプと言わせてやる…くらいの気持ちでいてくださいね。