第3章<03>脈あり診断チャート解説!!

第0章で好きな人を彼氏にするための

「正しい恋愛階段図」を紹介しました。

この図は恋愛において

「あなたが行動する時の視点」

で描かれたものです。

実はこの図は未完成で

恋愛階段を含めた

「男性視点のあなたへの脈あり度」

でまとめた図があります。

それがこの「脈あり診断チャート」です。

脈あり診断チャートとは

相手の脈あり度に応じて

何をすれば「脈あり度」が上がるか

わかりやすく図にしたものです。

図の左側を見てわかる通り、

それぞれの恋愛階段を上れば

次の「脈あり度」に上がります。

つまり、恋愛階段とは

【次の「脈あり度」に上がるための行為】

なんですね。

誰でもこのチャートの一番下の

「他人ゾーン」からスタートします。

そして脈あり度を上げていけば

最終的に「永遠彼女ゾーン」にたどり着きます。

ではそれぞれの「脈あり度」と

具体的な「目安」について解説します。

▼「他人ゾーン」

脈あり度が「他人ゾーン」とは

男性とあなたがまだ出会う前の状態です。

つまり、赤の他人ですね。

具体的な目安は

「顔も名前も知らない男性」

です。

ここからステップ0:「出逢うor出会う」が起こると

他人ゾーンから次の「知り合いゾーン」に上がります。

▼「知り合いゾーン」

脈あり度が「知り合いゾーン」とは

男性があなたの事を

ただの「知り合い」と思っている状態です。

具体的な目安は

・顔を合わせたらあいさつや世間話や仕事の話くらいしかしない

・食事などに誘ってもあいまいな返事をされたり、予定がいつも埋まっていたりする

・相手の気持ちがわからず、気分屋のように感じる

です。

ここからステップ1:「人として好かれる」をすると

知り合いゾーンから次の「人として好き前半ゾーン」に上がります。

▼「人として好き前半ゾーン」

脈あり度が「人として好き前半ゾーン」とは

男性があなたの事を「友達」と思っている状態です。

具体的な目安は

・趣味の話や昨日見たテレビの話で盛り上がる

・みんなで出かけたり、2人だけで出かける時はハッキリとした目的(共通の知人の誕生日プレゼントを買うなど)というあなたじゃなくても誰とでも出かける用事がある時だけ

・第1章で言った辛い過去や弱音などの話したくない事を話してもらってない

です。

ここから引き続き

ステップ1:「人として好かれる」をし続けると

「人として好き後半ゾーン」に上がります。

▼「人として好き後半ゾーン」

脈あり度が「人として好き後半ゾーン」とは

男性があなたの事を

「友達以上恋人未満」と思っている状態です。

男性はあなたのことを

「ちょっといいな」と気にはなってるけど、

ハッキリ好きとは思ってない不安定な状態です。

具体的な目安は

・第1章で言った辛い過去や弱音などの話したくない事をあなたに話し、男性があなたの前でならありのままの自分でいいんだと思っている(特に人に好かれる会話術の『99%会話が盛り上がる4つの話題』の1番目の話題を深い所まで話してもらい共有しているとベスト)

・こちらが質問していない話を彼が勝手にしゃべり、[8:2]か[9:1]で彼の方がしゃべる状態がよくある

・特に用事もないメールを毎日やりとりしている(インダイレクトコミュニケーションの個性によっては関係無し。詳しくは恋愛LINE講座で)

・ぼんやりとした目的(ヒマだから遊ぼうなど)で2人きりで出かけられる

です。

この目安で当てはまっている項目が多いほど、

「人として好き後半ゾーン」以上である可能性が高いです。

ただし、用事もないメールを

毎日やりとりしているというのは

「インダイレクトコミュニケーションの個性」

によっては目安として

役に立たない事もあります。

「インダイレクトコミュニケーションの個性」については

こちらの永遠彼女になる3つの秘密~おまけ~の

「恋愛LINE講座」で解説してるので一読しておいてくださいね

恋愛LINE講座

ここからステップ2:「異性を意識させる」をすると

人として好き後半ゾーンから

次の「異性として好きゾーン」に上がります。

▼「異性として好きゾーン」

脈あり度が「異性として好きゾーン」とは

男性があなたの事を「女性として好き」と

はっきり自覚していて、

あなたから嫌われる事を恐れ、

気持ちを自分ではコントロールできない状態です。

つまり、このゾーンこそが先ほど言った

異性として好き、すなわち、

【あなたからのコミットメントが欲しい状態】

です。

具体的な目安は「ギャップ」です。

詳しくは以前書いたこちらの記事を読んでみて下さい。

男が好きな女性にする行動は次の2つ!!

ここにある「好きにさせようとする行動」とは

「コミットメント感が強い行為」を指します。

つまり、あなたが男性からいつもと違って

特に理由もなく2人きりで食事に誘われるなどの

コミットメント感が強い行為をされたら、

男性はあなたの事を異性として好きの可能性が高いです。

ここからステップ3:「告白するor告白される」をすると

異性として好きゾーンから次の「彼女ゾーン」に上がります。

▼「彼女ゾーン」

脈あり度が「彼女ゾーン」とは

男性があなたの事を「オレの彼女」と認めている状態です。

具体的な目安は

「どちらかが告白してOKする」

です。

ここからステップ4:「永遠彼女になる」をすると

彼女ゾーンから次の「永遠彼女ゾーン」に上がります。

▼「永遠彼女ゾーン」

脈あり度が「永遠彼女ゾーン」とは

男性があなたの事を

「一生一緒にいたい女性」と思ってる状態です。

具体的な目安は

次のような関係を築いてる事です。

『お互いに相手を尊重し、支え、感謝を伝え合いつつも、

 お互いのすごく小さな嫌な部分でも我慢せずに

 その都度、価値観の溝を埋めるために話し合う習慣があり、

 楽しい事や新しい事を一緒にできる関係』

▼「嫌いゾーン」

脈あり度が「嫌いゾーン」とは

男性があなたの事を

「嫌い」と思ってる状態です。

具体的な目安は

・「話しかけても無視される」

・「ラインをブロックされる」

など明らかに嫌いという事を

「態度で表現している時」です。

「永遠彼女ゾーン」と「他人ゾーン」を除いて

それぞれの脈あり度では常に

「2つの道」があります。

1つが

「脈あり度が上がる道」

もう1つが

「嫌いゾーンに落ちる道」

です。

つまり、

それぞれの脈あり度で間違った行動を取ると

あなたは好きな人に嫌われてしまいます。

では次のページから

「それぞれの脈あり度で何をすれば

 脈あり度が上がるのか」

「それぞれの脈あり度で何をすれば

 嫌いゾーンに落ちるのか」

について話していきたいと思います。

まずは第3章では扱わない

「他人ゾーン」と「彼女ゾーン」、

「永遠彼女ゾーン」についてお話しします。

続きを読む>>

<<目次に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする