第1章<02>好きな人と付き合えない原因の9割がこれ!!

永遠彼女とは具体的に言うと

「たった1人の心から好きな男性と

 たとえ結婚しても付き合いたての恋人のようでありながら

 不安も強迫観念もないずっと幸せな関係を築ける女性」

です。

これを実現するにはあなたが好きな人と

次のような関係を築かないといけません。

『お互いに相手を尊重し、支え、感謝を伝え合いつつも、

 お互いのすごく小さな嫌な部分でも我慢せず

 その都度、価値観の溝を埋めるために話し合う習慣があり、

 楽しい事や新しい事を一緒にできる関係』

そして、

まだ彼氏がいない女性が

好きな人とこの関係を築けるかは

以下の「正しい恋愛階段」を上れるかがカギになります。

ここでいきなりですが、あなたが好きな人と

付き合えるかが決まる「超大事」なことを言います。

それは

【その男性との恋愛がうまくいくかは

 ステップ1:「人として好かれる」を上れるかで決まる】

ということです。

もっと簡単に言うと、

好きな人に「人として好かれない女性」は彼女になれません。

ここ何度言っても言い足りないくらいめちゃくちゃ重要なのでもう一度言います。

【その男性との恋愛がうまくいくかは

 ステップ1:「人として好かれる」を上れるかで決まる】

それはいったいなぜか?

あなたは第0章で出したこの問題を憶えていますか?

突然ですが、ある「性格的特徴」を持った次の2人の内、

あなたはどちらの女性に「好印象」を持ちますか?

<A子>

・頭がいい

・勤勉

・直情的

・批判的

・頑固

・嫉妬深い

<B子>

・嫉妬深い

・頑固

・批判的

・直情的

・勤勉

・頭がいい

…たぶんですが、ほとんどの人が

「A子」に好印象を持ったのではないでしょうか。

ですが、A子とB子の特徴をもう一度よく読み比べて下さい。

気付くと思いますが、同じ性格的特徴を

「伝える順番」が逆なだけです。

つまり、以下の通りの順番で

「同じ性格的特徴」があなたの目に入ったのです。

A子とB子の違いは同じ性格的特徴を

あなたが知った順番だけだったんです。

なのに、あなたは2人を別の人物のように感じませんでしたか?

引用元:永遠彼女になる3つの秘密~第0章~

このように「どんな人かを伝える順番」で

あなたの印象は別人のように変わります。

だから、第0章でも言った通り、もし人として好かれる前に

「異性を意識させる」恋愛テクニックをやるとより嫌われるし、

告白をするとフラれてしまいます。

私は好きな人と付き合えない原因の9割以上が

人として好かれてないからだと思っています。

ちなみによく誤解されますが、

「人として好かれる」とは「いい人」と思われる事とは全く違います。

むしろ、ただのいい人と思われると

恋愛は失敗します(先を読めばその違いがわかります)。

またこのステップ1でできた関係が

そのままステップ4で永遠彼女になる「下地」になります。

「下地」ができてないまま付き合うと

永遠彼女になれないわけではないですが、かなり難しくなります。

だから、ステップ1:「人として好かれる」こそが

あなたとその男性の恋愛の行く末を決めると思ってください。

じゃあ、そんな超重要な

ステップ1:「人として好かれる」を上るために

あなたはいったい何をすればいいのか?

それこそがこれから話す

【男が永遠彼女にしたくなる会話】

です。

【男が永遠彼女にしたくなる会話】とは

『あなたの恋愛の行く末を決める「ステップ1」を上るための会話』

なんです。

【男が永遠彼女にしたくなる会話】とは

好きな人に「人として好かれるための会話」なんです。

【男が永遠彼女にしたくなる会話】を

使う具体的なタイミングで言うなら、

初対面の男性の場合は出逢って(出会って)から

すぐにする会話から使うものであり、

すでに知り合いの男性の場合は

普段の会話から使うものなんです。

つまり、

出逢った(出会った)男性、

もしくはすでに知り合いの男性に

【男が永遠彼女にしたくなる会話】ができれば、

好きな人から「人として好かれる」ことができるので、

ステップ2に進め、恋人同士になるチャンスができます。

さらに【男が永遠彼女にしたくなる会話】ができれば、

永遠彼女になるための「下地」ができるので

付き合った後に永遠彼女になりやすくなります。

【男が永遠彼女にしたくなる会話】をして

好きな人に「人として好かれる」ことができるかで

あなたの恋愛が成功するか失敗するかが決まるんです。

・・・ただですね、

もう一度、「正しい恋愛階段図」の

ステップ1:「人として好かれる」の段を見て下さい。

見てわかるようにステップ1に影響があるのは

「会話力」だけでなく「見た目力」も関係しています。

好きな人に「人として好かれる」ためには

「会話力」だけでなく「見た目力」も関係するんです。

第0章でもお話ししましたが、私は永遠彼女になれるかは

「情熱系の魅力が1割、親密系の魅力が9割」

つまり、

「見た目力が1割、会話力が9割」

で決まると私は思っています。

しかし、自分で言っといてなんですが、

これっておかしいと思いませんか?

だって冒頭で言った通り、永遠彼女になるには

『お互いに相手を尊重し、支え、感謝を伝え合いつつも、

 お互いのすごく小さな嫌な部分でも我慢せず

 その都度、価値観の溝を埋めるために話し合う習慣があり、

 楽しい事や新しい事を一緒にできる関係』

という関係を好きな人と築かないといけません。

ここには「見た目力」については一切書かれていませんよね。

だったら、本来は永遠彼女になるには

「会話力が10割」でいいはずですよね。

ではなぜ「見た目力が1割」必要なのか?

それは

【恋愛の行く末を決めるステップ1を上るためには

 最低限、越えなければいけない「見た目力のハードル」

というのがあるからです。

この「見た目力のハードル」を超えられない場合は

どんなに会話力があってもステップ1を上ることはできないので、

永遠彼女どころか普通に付き合うこともできないんです。

だから、私は永遠彼女になるには

見た目力(情熱系の魅力)が

最低でも1割必要だと思っています。

では恋愛の行く末を決めるステップ1を上るための

【男が永遠彼女にしたくなる会話】とは何か?

そして、最低限、越えなければいけない「見た目力のハードル」とは?

この2つを説明するにはあなたに

ステップ1:「人として好かれる」を

上るのに必要な2つの魅力

「情熱系の魅力」「親密系の魅力」

をより深く知ってもらう必要があります。

なので「情熱系の魅力」と「親密系の魅力」について

あなたにわかりやすく理解してもらう例え話

『ある4人の男女の恋物語』

が次のページにあるのでまずはこれを読んでみて下さい。

続きを読む>>

<<目次に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする