第1章<05>男が永遠彼女にしたくなる会話術

先日、私は友達からこんな話を聞いて驚きました。

その友達はある日、上司に言われて

営業成績や職場の生産性を上げるための

コミュニケーションに関する研修を企画したそうです。

難しく言いましたが、早い話、

働いているみんなの「会話力」を上げて

職場の雰囲気を良くしたり、営業が

上手くいくような研修を企画したということです。

その友達は色々検討した結果、

会話やコミュニケーションのセミナーを

専門にしている外部の会社にお願いしたそうです。

そこで私は聞きました。

浅羽:「ところでその研修を開催するのにいくらかかったの?」

友達:「だいたい、30万かな」

浅羽:「30万!?」

友達:「いや、それが普通だよ」

どうやらその友達が言うには

会話やコミュニケーションを学ぶ相場は

だいたい「30万円」が普通なんだそうです。

私も知りませんでしたが、

社会的に「会話力」や「コミュニケーション力」とは

それぐらいお金を払っても価値があると認められているんですね。

しかし、実はこれは恋愛も同じなんです。

恋愛は男性と会ったばかりの時は「見た目力」が支配します。

そのため、初対面では美人やかわいい女性は

何もしなくても男性にモテてしまいます。

しかし、会えば会うほど男性は

その女性の見た目に慣れてくるので、

「情熱系の魅力による好感度」は

徐々に下がっていき、やがてゼロになります。

反対に会えば会うほど、

その男性と会話をして親密になっていくと

「親密系の魅力による好感度」が

徐々に上がっていきます。

このように恋愛とは

【相手と会えば会うほど

 「見た目」が支配する世界から

 「会話」が支配する世界に変わってくる】

ものなんです。

「見た目力」しかない女性は会えば会うほど飽きられ、

「会話力」がある女性は会えば会うほど好きになってもらえます。

だからこそ、好きな男性とその場限りの関係ではなく、

ずっと一緒にいたいなら「会話力」がめちゃめちゃ重要なんです。

そして、

まだ彼氏がいない女性が

ずっと愛されてしまう永遠彼女になるための会話である

【男があなたの前でなら

 「ありのままの自分でいいんだ」と思える会話】

を実現するには、好きな男性から

【「話したくない事」を話してもらうこと】

を目指して会話しないといけません。

ところが!!

当たり前ですが、

「”話したくない”話」なわけですから、

簡単には男性も話してくれません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

たとえば、この「話したくない話」を

引き出すプロであるセラピストや

カウンセラーの人たちがいます。

彼らの本なんかを読むと

話を引き出すには相手の話を否定せずに

「聞き上手」になればいいと言っています。

しかし、実は普通の人が

聞き上手になっても「話したくない話」を

引き出すことができないことを知ってますか?

理由はそもそもセラピストやカウンセラーの人が

いつも相手している人が「患者」さんだからです。

患者さんというのは初めから

自分の話を聞いてもらいたくて来ています。

そのため、聞き上手になるだけで

患者さんが話したくない話でもしゃべってもらえます。

これは言い換えるなら、患者さんは

最初からセラピストやカウンセラーの人を

「信用している」ということです。

信用しているからこそ、

患者さんは「話したくない話」でも

最初から話してくれます。

では現実の出会いはどうでしょうか?

あなたは初対面の男性を信用して

いきなり悩みや弱音などの

「話したくない話」をできますか?

無理ですよね。

これは男性も同じです。

現実の出会いにおいて、

男性も普通、初対面の女性を

そこまで信用できません。

そのため、ただ聞き上手になるだけでは

男性から「話したくない話」をしてもらえないんです。

「話したくない話」をしてもらうには、

まずはあなたが男性から

【信用されること】

を考えないといけないんです。

ではどんな時に人は

相手を信用するのかというと、

それは

「相手がどんな人かよくわかった時」

です。

人は未知なものに対して恐怖を感じます。

あなたもどんな人かよくわからない人は警戒しますよね。

人は相手がどんな人かよくわからないと信用できないんです。

ということは、男性から信用を得る為に

あなたがまっ先にやらないといけないこと、

それは

【あなたのことをできるだけ

 わかりやすく相手に教えてあげること】

なのです。

わかりやすく教えるとは簡単に言うと

好き勝手に自分の事を話して

「あなた自身」を伝えるということです。

そうすれば、相手の男性は

あなたが「どんな人かがよくわかる」ので

あなたを信用して警戒心を解きます。

ところがです!!

恋愛がうまくいかない女性は

これとは逆の事をしてしまいます。

好きな男性に好かれたくて

自分の良い所だけを見せようとして

当たり障りない自分を見せてしまいます。

するとあなたが「どんな人かがよくわからない」ので、

男性はあなたをただの「いい人」と思うだけで終わってしまいます。

経験ある方もいると思いますが、

男性からただの「いい人」と思われると

その男性の恋愛対象から外されてしまいます。

こうならないためには

まずは自分がどんな人かがわかるように

「あなた自身」をたくさん話さないといけません。

良い所だけでなく悪い所もです。

あなたが「あなた自身」をちゃんと伝えられれば、

男性はあなたが「どんな人かがよくわかる」のであなたを信用します。

信用されれば、男性は「話したくない話」も

やがてしゃべってくれるようになります。

「話したくない話」をしてもらえれば、

男性はあなたの前でなら「ありのままの自分」でいいんだと思います。

「ありのままの自分」でいいんだと思われたとき、

あなたは男性に強烈に「親密系の魅力」を与えたことになります。

そして、

男性は強烈に「親密系の魅力」を与えてくれる女性とずっと一緒にいたくなるのです。

つまり、【男が永遠彼女にしたくなる会話】の出発点は

【「あなた自身」を先にわかりやすく教えて信用されること】

なんです。

これは永遠彼女になる上でも超重要なことです。

もう何度も言ってきましたが、

永遠彼女になるには次のような関係を好きな人と築くことです。

『お互いに相手を尊重し、支え、感謝を伝え合いつつも、

 お互いのすごく小さな嫌な部分でも我慢せずに

 その都度、価値観の溝を埋めるために話し合う習慣があり、

 楽しい事や新しい事を一緒にできる関係』

これって一言で言ってしまうと

「お互いに何でも言いたいことを

 言い合える信頼がある関係」

ですよね。

もしセラピストやカウンセラーのように

ただ聞き上手になってしまうと

確かに男性側は言いたいことを言えます。

しかし、あなたはどうでしょう?

ただの聞き上手になって

自分の意見を言わないでいると、

お互いに言いたいことを

言い合える関係にはなれないですよね。

だから、永遠彼女になるには

【男性に「ありのままの自分」を主張してもらうと同時に

 あなたも「ありのままの自分」を主張しないといけない】

のです。

好きな男性の「ありのままの自分」を引き出すだけでなく、

あなた自身も素直に自分を表現しないといけないのです。

今日あった楽しい事を話すように辛い事や苦しい事を

彼だけでなくあなたも話せるような関係を築かないといけないのです。

そうやって「恋人同士になる前」に

お互いの良い所も悪い所も

ありのままの自分を見せあった結果、

【お互いに「ありのままの自分」を共有できる関係】

を築けたときこそ「人として好かれる」ことができ、

永遠彼女になる下地ができあがるのです。

・・・ただですね、

「自分が好き勝手話しながらも相手の話も引き出す」って、

言うのは簡単ですが、実際にやるのは難しいですよね。

あまりにも好き勝手に自分の事を話しすぎると

相手に引かれてしまう危険があります。

私もどうやったらこの会話が実現できるかわかりませんでした。

そこで私はその方法を探しました。

時には分厚い心理学の専門書を何冊も読みあさったり、

数多くのコミュニケーション関連のセミナーにも参加しました。

そして、私はとうとう

ある人が一部の人にだけ教えている

「会話術」と出会いました。

この会話術には会話のプロだけが使っている

自分の話を好き勝手に話しながらも

人として好かれ、人として信用され、

相手に「ありのままの自分でいいんだ」と思わせる会話の方法が

誰でも実践すればできるように体系的にまとめられていました。

私自身もこの会話術から「人として好かれる方法」を学びました。

もしあなたもこの会話術を30%実践できれば・・・

あなたは周りの反応が今までとは違うことが実感できます。

もしあなたもこの会話術を50%実践できれば・・・

あなたは普通にしゃべっているだけなのに

友達や職場の人から好感をもたれてしまいます。

もしあなたもこの会話術を70%実践できれば・・・

あなたは心から好きな男性と

お互いに遠慮なく本音をしゃべっているにもかかわらず、

楽しい時間を何時間でも過ごせるようになります。

じゃあ、いったいこの会話術を100%実践できたらどうなるんでしょうか?

想像しただけでワクワクしませんか?

ですが、残念ながら

『全ての人にこの会話術を教えることはできません』

理由は

「あるたった1つの気持ち」

を持っていない人にこの会話術を教えると

その人を不幸にする【毒】になるからです。

その気持ちとは

『自分から変わる勇気』

です。

なぜこの気持ちが必要なのか?

第0章で言った通り、老若男女問わず誰もが

【自分が誰を好きになるかを決める力】

を持っていません。

誰かを好きになるには周りの異性から

惚れさせられるほどの魅力を与えられないと

人は異性を好きになることはできません。

そして、魅力とは

【「情熱系の魅力」と「親密系の魅力」】

の2つです。

情熱系の魅力は主に「見た目力」で決まります。

見た目力は「見た目の力」なので、

男性があなたを見た瞬間に魅力が伝わり、

あなたが「何もしなくても」すぐに伝わります。

しかし、親密系の魅力は違います。

親密系の魅力は主に「会話力」で決まる魅力です。

そのため、何もせずに黙っているだけでは

いつまでたっても親密系の魅力は伝わりません。

「親密系の魅力」は

【あなたが何もしなければ一生伝わらない魅力】

なんです。

・・・それなのに、

『自分から変わる勇気』を持たない人は

・恋愛に対して常に受け身

・男性からもらうことばかり考えている

・期待通りいかないと誰かや何かのせいにする

という特徴を持っています。

そのため、

『自分から変わる勇気』を持たない人に

この会話術を教えても好きな人に

親密系の魅力を与えることはできません。

この会話術は誰でも

「実践すれば」できるのに

自分からは何もしようとしないからです。

最後には恋愛がうまくいかないことを

全部この会話術のせいにして、

自分からは本当に何もしなくなります。

それはつまり、

私が『自分から変わる勇気』がない人に

この会話術を教えると

「自分から何もしない言い訳」

に手を貸すことになります。

・・・だから、

私はたった1つ

『自分から変わる勇気』を持たない人だけには

この会話術を教えないと決めています。

ではここであなたにお聞きします。

あなたには「自分から変わる勇気」がありますか?

もしあるなら次のページに

この会話術を手に入れる方法と

【第3章】

「第3の愛」で好きな人を彼氏にする方法

に参加する方法があるのでそちらをご覧ください。

続きを読む>>

<<目次に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする