「第0章のまとめ」と「第1章について」

ここまで読んでいただきありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

ここでこれまでお話した内容を簡単にまとめたいと思います。

1.人が異性を好きになる「2つの魅力」とは?

2つの魅力とは「情熱系の魅力」「親密系の魅力」のこと。

・「情熱系の魅力」とは主に『すぐに伝わる「見た目力」』で決まる魅力

・「親密系の魅力(=思いやり)」とは主に『伝わるまでに時間がかかる「会話力」』で決まる魅力

そして、

まだ彼氏がいない女性が

【永遠彼女になれるかは「会話力(親密系の魅力)」で9割決まる】

2.「出逢いと出会い」の違いとは?

・「出逢い」とは

合コン、路上やクラブで声をかけられる、お見合いパーティー、結婚相談所などの

『恋愛をすることを目的とした出会い』なので、

【短時間で相手の「異性としての魅力」を判断するもの】

・「出会い」とは

学校、職場、習い事、ボランティア、趣味で集まったネットのオフ会などの

『恋愛以外を目的とした出会い』なので、

【長時間かけて相手の「異性としての魅力」を判断できるもの】

また「2つの魅力」が「出逢いと出会い」で

伝わり方がどう変わるかは次のような関係になります。

そして、

永遠彼女になれるかは「会話力(親密系の魅力)」で9割決まるので、

情熱系の魅力しか伝わらない「出逢い」より、

親密系の魅力も伝わりやすい「出会い」の方が永遠彼女になりやすい。

3.正しい「恋愛階段」の上り方とは?

「恋愛階段」とは

恋愛的な「どんな人かを伝える順番」や恋人になるまでのステップのこと。

好きな人を彼氏に変える「正しい恋愛階段」があり、

そのステップは4(+1)つで「正しい恋愛階段図」は以下の通りです。

そして、

ステップ4:「永遠彼女になる」に影響力があるのはただ1つ。

会話力(親密系の魅力)だけである。

・・・以上が【永遠彼女になる3つの秘密】でした。

ところで、あなたはこのまとめを見て何か気づきませんか?

実は「2つの魅力」、「出逢いと出会い」、「恋愛階段」で

共通して私が言いたいのは1つしかありません。

それは

【「会話力(親密系の魅力)」こそが永遠彼女になるカギである】

ということです。

なぜなら、永遠彼女になるとは

『お互いに相手を尊重し、支え、感謝を伝え合いつつも、

 お互いのすごく小さな嫌な部分でも我慢せず

 その都度、価値観の溝を埋めるために話し合う習慣があり、

 楽しい事や新しい事を一緒にできる関係』

を築くことだからです。

この関係を築くために必要なのは

「見た目力」でも「恋愛テクニック」でもありません。

会話なんです。

あなたが【男が永遠彼女にしたくなる会話】ができるかにかかっているんです。

この【男が永遠彼女にしたくなる会話】については次の章である、

【永遠彼女になる3つの秘密】~第1章~

「男が永遠彼女にしたくなる魅力の与え方」

で詳しくお話しします。

そんな第1章の内容を軽く紹介すると…

  • 好きな人の付き合えない原因の9割とは?
  • 好きな人と付き合えない原因の9割を解消する方法
  • 男が女性を好きになる2つのタイプ「スイッチ型」と「グラデーション型」とは?
  • モテる女性を好きになる「スイッチ型」の男性の特徴とは?
  • モテる女性を好きにならない「グラデーション型」の男性の特徴とは?
  • モテる女性をマネすると好きな人に嫌われる理由!もし知らないと厳しい現実を知る事になります。
  • かわいい女性が必ず両想いになれるわけではない理由
  • かわいい女性が好きな人と付き合える2つの条件
  • かわいくて若くてスタイルがいいだけの女性は好きな人と付き合えてもフラれる理由
  • かわいくて若くてスタイルがいいだけの女性がたどる最悪の結末!それを回避するには?
  • 好きな男性とその場限りの関係ではなくずっと愛されたい?だったらこれを必ずやってください。
  • 脈ありかどうか知りたい?残念!そんなことはどうでもいい情報です。だってこれを知れば脈なしから逆転できるからです。
  • イケメン男性が誰もが振り向くほどの美女ではなく普通の女性を選んだ会話とは?
  • 美女を好きになった男性を振り向かせた普通の女性がやった会話とは?
  • 優しくする?褒める?励ます?いやいや、そんな事をやるよりたった1つこれをやってください。そうすれば、全ての男性があなたの魅力に気づきます。
  • あなたの女性としての価値を高め、男が大事にして離したくなくなる具体的な会話の内容とは?
  • この話を好きな男性にしてもらってください。そうすればあなたは替えのきかない特別な女性と思われるので一気に彼女候補になれます。
  • 男を落とす会話の唯一の弱点
  • 恋愛は「見た目力が1割」です。その理由とは?
  • あなたが最初に越えなければいけない「見た目力のハードル」とは?
  • 見た目力が必要な本当の理由?世間で言われてる事とは全く違います。
  • かわいくて若くてスタイルがいいだけの女性の恋愛に逆転がない理由
  • かわいくて若くてスタイルがいいだけの女性を好きな男性を奪う方法
  • 初対面であなたを好きになってくれなかった?大丈夫です。この2つさえ持ってれば十分逆転できます。
  • 私の友達から聞いた驚くべき話
  • 恋愛の大原則!会えば会うほど飽きられる女性と会えば会うほど好かれる女性!違いがこれ!!
  • 聞き上手な女性は好きになってもらえない理由
  • セラピストやカウンセラーが持っていてあなたが持っていないもの…これがないとずっと愛される彼女になれません。
  • 好きな人には良い所を見せたいですよね?…残念!もしあなたもそうならそれが彼女になれない原因です。その理由とは?
  • 「人として好かれる」と「いい人」の違い!カギは「あなたらしさ」です。
  • 永遠彼女になるためにやってはいけないたった1つの事
  • あなたは付き合う前に好きな人とこの関係を築けてますか?でないとずっと愛される彼女になれません。
  • 私が長年探し続けやっと見つけた会話のプロだけがこっそり使ってる会話術とは?
  • 彼氏ができない女性が持つ3つの特徴
  • ただ言うだけで男が落ちるセリフを言うと男はこうなります。
  • 恋愛に自信はいりません。この気持ちさえあれば誰でも彼氏はできます。

私はここまで読んでくれたあなたにも

ぜひ第1章を読んでもらいたいと思ってます。

・・・ただ実はここで1つ問題があります。

第1章は上辺ではなく本質的な「男を惚れさせる話」です。

それは逆に言えば、男の本音や弱みを暴露する話です。

男からすると「それ言っちゃダメだろ」という話をしています。

なのにブログとは誰でも読めてしまうものです。

そのため、ブログにそのまま公開すると

色々と言われるかもしれません…特に男性側から。

そこで申し訳ありませんが、

【第1章はパスワードを解読した人だけが読める限定公開記事】

にしました。

これで男性は読めなくなります。わざわざ男を落とす方法を

パスワードを解読してまで知りたい男性はいないでしょうし(笑)。

さらに私は本気で恋愛に困っている女性に

喜んでほしくてブログを書いています。

限定公開記事にすれば、

本気で第1章を読みたい女性だけが来てくれると思います。

これは私にとって何よりうれしい事です。

ではここからは具体的な

「パスワード解読法」

をお話しします。

第1章を読むためのパスワードは

第0章の記事の中に「3つに分けて」散りばめました。

この3つのパスワードを第0章の記事中から探し出し、

「①から順番に」すき間なくつなげれば

「半角英字」の「小文字」で「8文字」になります。

その8文字をこちらのページで

入力して頂ければ第1章が読めるようになります。

第1章のパスワードを入力する⇒

ちなみに1つ目のパスワードはこれです。

第1章パスワード①

iam

つまり、この3文字に続く残り「5文字」を

第0章の中から探し出し、すき間なく

順番につなげて入力すればパスワードは解けます。

↓並べるとこんな感じ。

iam○○○○○

くり返しますが、パスワードは

全て「半角英字」の「小文字」で「8文字」です。

もし入力しても開かない場合は

1.入力したパスワードは間違ってないか

2.入力モードが「半角英字」の「小文字」で入力してるか

3.「8文字」をスペースなしで①から順番につなげて入力してるか

を確認してください。

※「Cookie」を有効にしてください。

上記3つは間違ってないのに

記事が読めない時は「Cookie」が

有効になってないことが考えられます。

「Cookie」とは全てのパソコンやスマホが

必ず持つホームページに訪れた回数などを

記録したりする機能のことです。

「Cookie」が有効でない時は

パスワードが当っていても

記事は読めません。

「Cookie」を有効にする方法は

それぞれの端末の「設定」で

変更できます。

ではあなたが第1章に来てくれるのをお待ちしています。

P.S.

第1章は秘匿性が高い情報です。

そのため、もし第1章に来てくれる人が

多い時は早めにパスワードを変更したり、

もっと審査を厳しくするかもしれません。

なので、

あなたも第1章に興味があるなら、

パスワードが簡単な今のうちに

解読して読んでおいてくださいね。

当ブログ管理人:浅羽英明

<<目次に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする