彼氏が大好きすぎて依存してツラかったけどこの一言で救われました

質問です。

もし、あなたの友達が彼氏にお金を貢いでいたら

あなたならどうしますか?

「そんな彼とは別れた方がいいよ」とアドバイスしますか?

「バッカじゃないの!!」とあきれますか?

「ツラいよね」と共感しますか?

昔、テレビを見ていたら

TOKIOの番組(番組名は忘れました)で

「付き合うと彼にお金を貢いでしまうのをやめられない」と

悩んでいる女性の恋愛相談にTOKIOのメンバーが

一言で答えるというような企画をやっていました。

その相談者の女性は自分に自信がないので

彼が自分から離れるんじゃないかと不安で

ついお金を貢いでしまうんだそうです。

そんな女性にスタジオにいるメンバーのほとんどは

「そんな男と別れた方がいい」

みたいなことを言っていました。

しかし、そんな中、松岡昌宏さんは

そんな悩んでいる女性に対して、一言

「エサをあげたノラ猫に見返り求めちゃダメですね」

と言いました。

これを聞いた瞬間、私は

「うわっ、すげえ!!」

と思わず口に出してしまいました。

なぜなら、>彼氏欲しいのにできないのは恋愛には自信がいらないことを知らないからですでも言いましたが

本気で人を好きになれば誰でも自信満々ではいられません。

本気で好きだからこそ、不安になるんです。

本気の恋愛では、不安になるのはあたり前のことなんです。

これを言い換えるなら

【不安な気持ちというのは彼が本気で好きな証拠】

です。

だからこそ、不安な気持ちとは大事に付き合っていかないといけません

なのに、不安を解消しようとして

彼氏の言うとおりにお金を貢いでしまって

彼氏に依存してしまうのは

その気持ちを大事にしているとは言えません。

自分の不安を解消するために、お金を貢ぐというのは

  • 寂しいから毎日メールしてほしい
  • 自分との時間をもっと作ってほしい
  • 彼にもっと「好き」と言ってほしい

と彼に見返りを要求しているということです。

もっと、悪く言えば、

彼氏に依存するとは彼の言うとおりにすることで

彼を自分の思い通りに動かそうとしているズルい行為です。

でも彼も自分の意思を持った人間なので

思い通りに動くわけがありません。

それを

「エサをあげたノラ猫に見返り求めちゃダメですね」

という言葉は見事にとらえています。

彼氏に依存する人というのは

そのノラ猫(彼氏)が好きすぎて

エサ(お金、彼に尽くすなど)をあげるかわりに

嫌がるノラ猫に無理やり首輪をつけて

飼い猫にしようとしているのと同じことです。

そんなことをすれば、ノラ猫は居心地が悪くなって

あなたのそばから離れていくだけです。

そんなことをするくらいなら今すぐ彼とは別れて、

あなたを不安にさせない飼い猫になってくれる人を探すべきです。

しかし

きっと、ほとんどの人は、そんなことはできないはずです。

だって、その不安そのものが彼を大好きな証拠なんですから!!

だったら、不安な気持ちから逃げずに

不安を感じるあなたも含めてあなたであり

不安を与える彼も含めて彼であり

不安も含めて恋愛だと受け入れることです。

不安を解消しようと依存して

彼を自分の思い通りに動かそうとするのは

彼が本気で好きという自分の気持ちから逃げることと同じです。

彼が本気で好きなら、そして、彼との関係を続けたいなら

その不安な気持ちから逃げないで真正面から、向き合い、

そんな不安に負けない自分にならないといけません。