片思いが成就するかは告白の言葉や仕方で決まらないのは常識です

あなたは好きな人ができたときに

「どうやって気持ちを伝えようか」

って悩んだことないですか?

しかし

告白が成功するかどうかだけを考えるなら

そこで悩んでいるのはあまり意味がありません。

なぜなら好きな彼への片思いが成就するかは

告白の言葉や仕方では決まらないからです。

これを証明するのはとても簡単です。

まずは次の2つのことを想像してください。

A.あなたが『理想とする男性』

B.あなたが『理想とする告白の言葉や仕方』




































想像できましたか?

では、次の2人の男性のうち

あなたならどちらと付き合いますか?

【1】あなたの『理想とする男性』から

普通に「付き合ってくれ」と言われた時

【2】あなたの『理想とする告白の言葉や仕方』を

男として見てない男性からされた時

この2つなら、ほとんどの人が【1】を選ぶはずです。

もちろん、【2】の男性に好感を持つとは思います。

しかし

「【2】と付き合っていいかも」と思うことはあっても

「【1】よりも【2】と付き合いたい」と思う人はほとんどいないと思います。

どうして「1」を選ぶかの理由は簡単で

人は『告白の言葉や仕方』を好きになるのではなく『人』を好きになるからです。

ですので

好きな彼への片思いが成就するかは

『告白の言葉や仕方』でなはく

その言葉を『誰(人)』が言うかで決まります。

つまり

好きな彼への片思いが成就するかは

告白する前に決まってしまいます。

だから、告白が成功するかどうかだけを考えた場合

どう告白をしようかと悩むことにはあまり意味がありません。

、、、というか

告白を成功させたいなら悩むところが完全に間違っています。

それを説明するには「告白が成功すること」を

「テストで満点を取ること」に例えるとわかりやすいです。

例えば、あなたがテストで満点を取ろうと思って勉強するとします。

その時の勉強の仕方といえば

大まかに分けると次の2つ勉強法があるんじゃないでしょうか。

  • 日ごろから毎日、授業の予習、復習をする勉強法
  • テストの前日だけ一夜漬けする勉強法

この2つのどちらの勉強法が

テストで満点を取れる可能性が高いかというと言うまでもなく

毎日勉強している方が満点を取る確率は高いです。

テストで満点を取れるかはそれまでした勉強、つまり

それまで積み重ねてきた時間で決まります。

そして

この考え方こそが告白を成功させる考え方なんです。

「どんな告白の言葉や仕方をすれば

彼が好きになってくれるだろうか」

と悩むのは、テスト勉強で言えば

「どんな一夜漬けをすれば

テストで満点を取れるか」

と悩んでるのと同じです。

もちろん、一夜漬けが勉強を全くしないよりかは効果があるのと同じで

告白の言葉や仕方が結果にまったく影響がないわけではありません。

ですが、どんなに一夜漬けをがんばっても

テストの点数を上げるには限界があります。

これと同じでどんなに告白の言葉や仕方を考えても

付き合える可能性を上げるには限界があります。

テストで満点を取りたいなら一夜漬けのやり方を考えるより、

テストまでに少しずつ勉強することを考える必要があります。

これと同じで告白を成功させるためには

告白するまでに好きな男性との時間をどう過ごすかを考えなければいけません。

だから、あなたが告白を成功させたいなら

告白の言葉や仕方に頭を悩ませないでください。

2人でどんな時間を過ごせば

両想いになれるかを考えることに集中することが

告白が成功する可能性を上げる1番の方法です。

これは言い換えるなら

「告白して好きになってもらうのではなく

好きになってもらった後に告白する」

という意識が大切ということです。

じゃあ、具体的に2人でどんな時間を過ごせば

片思いの男性に好きになってもらえるかというと、

ノーリスクで男性に告白させる方法を記事にしたので

こちらを参考にして下さい。

男性に告白させるなら奥手でもできるこの方法で!

ただ私は相手が自分のことを好きなんだろうかと

悩むのも恋愛の一部だと思っています。

だから、そういう意味では大いに悩んでいいと思います。

そういう不安やドキドキは

恋愛のツラいところであると同時に恋愛の楽しさなんですから。