あなたが変われば好きな人も世界も変わるその理由とは?

たとえば、長く付き合うと彼氏の悪い部分ばかりが目についてきます。

昔はそれが良かったと思っていたのに

だんだんとムカついてきて許せなくなりますよね。

そうすると、当然ですが

彼に変わることを求め、変わらないと

「なんで分かってくれないの!!」

と彼を責めます。

しかし、そんなことをしても多くの場合はうまくいきません。

なぜなら

【人は変わりたがらない生き物】

だからです。

人はできるだけ昨日と同じ自分であろうとします。

これは本人がなまけているとか

そういう問題ではなく「人間の生きるための本能」です。

人間は体温を一定にして「体の健康」を保とうとするように

自分を昨日の自分とできるだけ一定にして「心の健康」を保とうとします。

もし

昨日は「怒りっぽくて暴力的な自分」

今日は「涙もろくてすぐに泣く自分」

明日は「無口で引きこもる自分」

では社会生活はやっていけません。

人にとって「変わらないこと」は

生きるための本能に刻まれているために

昨日と同じ今日、今日と同じ明日がくることを望んでいます。

たとえ、変わることで幸せになると分かっていても

あなたが望んでも本人が強く望まない限りは変わりません。

そのため、彼を変えようとしても彼は変わりません。

では、どうすればいいのでしょうか?

そのヒントとなるのが「環境」です。

たとえば、内気だった人が海外留学を経験して

すごい社交的になって帰って来るみたいに

よく人は「環境が変われば人も変わる」と言います。

あるいは

「環境が悪いからうまくいかない」

「環境さえよければうまくいくのに」

という話も聞きますよね。

このように

人にとって「環境」というのは大きな力を持っています。

ここで言う「環境」とは

もちろん、地球環境や環境汚染などの環境ではなく

生活環境、家庭環境などの

主に「周囲との人間関係」を意味します。

私たちは自然環境というよりかは

人と人が相互に関わっている「社会」に生きている動物です。

社会に生きる私たちにとっての「環境」とは「人間関係」です。

【人間関係=環境】です。

つまり、あなたにとっての「環境」とは

あなたの周りにいる友達、家族、恋人、同級生、同僚などです。

先ほど言った通り、環境が大きな力を持っているので

「環境」=「あなたの周りにいる人」が

あなたに対して大きな力を持っています。

実際、家庭環境がひどい場合、

その後の恋愛だけでなく人生に大きく影響する人が多いです。

仕事を選ぶ時も職場の環境、つまり職場の人間関係は

仕事のやりがいや給料と同じくらい大事じゃないでしょうか。

よって

あなたを取り巻く環境=人間関係によって

あなたは幸せだったり不幸だったりします。

だから、いつだって人は誰もが幸せになりたくて

周りが、つまり「環境」が変わってくれることを望んでいます。

あなたも心当たりありませんか?

「彼が毎日メールを送ってくれなかなあ」

「何かおもしろいこと起こってくれないかなあ」

「誰か遊びに誘ってくれないかなあ」

「いい男がどこかにいないかなあ」

「好きな人がデートに誘ってくれないなあ」

のように

「周りが変わってくれたら、自分も変われるのになあ」

って思ったことないですか?

「嬉しい」ことに、これはほとんどの人が思っています。

こう言うとたぶん、あなたは

「えっ、嬉しい?なんで?」と思ったと思います。

なぜ、私がみんながみんな

「周りが変わってくれたら、自分も変われるのになあ」

と思っている事を大歓迎しているかあなたは分かりますか?

答えは簡単で、これまで話してきた「環境」とは

【あなたから見た環境】

だからです。

なので、これをひっくり返して

【あなたの周りの人から見た環境】

を想像してください。

周りの人、たとえば

あなたの好きな人を取り巻く環境(人間関係)とはなんでしょうか?

ズバリ、「あなた」ですよね。

つまり

【あなた自身が好きな人にとっての環境】

なんです。

先ほども言った通り、「環境」には大きな力があります。

そして

「彼にとっての環境」=「あなた」

なのですから、あなたには彼を変える大きな力があります。

さらに環境が変われば人は変わります。

ならば、彼にとって

「あなたという環境」が変われば

彼も変わるということになります。

つまりあなたが望む彼に変わって欲しい時は

【「あなたという環境」が変われば彼も変わる】

のです。

好きな人が自分の理想通りになってくれるように

自分が変わればいいだけです。

彼に変わってもらう必要はありません。

これはもちろん、好きな人だけに当てはまる事ではなく

あなたの友達、家族、同級生、同僚など

あなたはあなたが関わる全ての人にとって「環境」です。

環境であるあなたが変われば

あなたの周りの人も変わらざるをえなくなります。

だから、もしあなたが友達、家族、同級生、同僚などに

変わって欲しければ「あなたという環境」をぜひ変えてみて下さい。

あなたの幸せのために

「あなたという環境」を変えてみて下さい。

それだけであなたの生きる世界が変わります。