専業主婦になりたいから婚活するとこんな現実が待っている!

「年収1,000万円の男性と結婚して専業主婦になって、

 港区か世田谷区に住んで、2人の子供には私立の学校に通わせて、

 ママ友とレストランの個室で優雅にランチして、1年に1回は家族で海外旅行」

仕事がしんどくて逃げ出したい女性なら

誰もが一度はこんな妄想をするのではないでしょうか?

しかし、残酷なことに

年収1,000万円の男性と結婚しても

こんな生活は送れません。

現実は次のようなものです。

・年収1,000万円の男性の一般的な手取りは約750万円程度

・住まいは八王子のファミリーマンション

・旦那は超多忙で日付が変わる頃に帰宅

・専業主婦なので子供は保育園に預けられず朝から晩まで子供と3人きりの生活

・都心から引っ越したので親しい友達が近くにいない

・子供を幼稚園や小学校から私立に入れるのは経済的に無理

・ランチは月に一度3,000円まで

・海外旅行は5年に1回(身を削るほどの節約をして格安ツアーなら)

引用元:Livedoorニュース

どうでしょう?

仕事をしたくないという軽い気持ちから婚活して、

年収1,000万円の男性と結婚して

優雅な専業主婦になりたいと言うのが

いかに世間知らずかがよくわかったと思います。

ちなみに冒頭のような優雅な生活を送るとなると

最低でも年収は2,000万円以上いるそうです。

ただ国税庁が公表している

「平成26年分民間給与実態統計調査」によると

給与所得者の中で年収2,000万円を超える男性は

わずか「0.7%」しかいません。

しかもこの0.7%の男性の中には

既に結婚している男性や

高齢(年収が高い男性は一般的に年齢が高い)すぎて

恋愛対象外の男性もいます。

つまり、年収2,000万円以上の男性と

結婚して優雅な専業主婦生活を送るのは「奇跡」です。

それに専業主婦になると仕事をしなくなるので

社会とのつながりが希薄になります。

仕事はがんばれば成果が出たり、

給料が上がったり、誰かが認めてくれたりします。

ですが、専業主婦になると給料はでませんし、

自分のがんばりを認めてくれるのは旦那さんだけです。

愛情たっぷりの旦那さんなら

きっとがんばりを認めてくれると思います。

しかし、どんなに家事をがんばっても

認めてくれない旦那さんだったら地獄です。

つまり、

専業主婦というのは

結婚する相手の男性の年収や愛情によって

地獄にも天国にもなる職業なんですね。

だから、専業主婦になるなら

ちゃんと現実を見て、覚悟をもたないとなってはいけません。

ましてや仕事がしたくないから専業主婦になって

優雅な生活を送りたいと言うのは

平日の昼間からゴロゴロォゴロゴロ。

あ~あ、息子がジャスティンビーバーだったらなぁ。

byずん飯尾

と同じレベルのことを

言っているようなものなのでやめましょうね(笑)。