彼氏がいない女性の方が普通になった原因とは?

先日、恋人の有無に関するこんなデータを発見しました。

【18歳から34歳までの未婚の人で恋人がいない割合

男性:69.8%

女性:59.1%

引用元:国立社会保障・人口問題研究所

このデータから今現在、

男性の約30%、女性の約40%しか

恋人がいないことがわかります。

つまり、

恋人がいる人の方が男女ともに少ないので、

恋人がいない人の方が普通の時代なんですね。

(しかも男性の42%、女性の44.2%に性経験がないそうです)

なので、もしあなたに彼氏がいないなら

世間から見れば普通のことです。安心してください。

反対に、もしあなたに彼氏がいるなら

それは世間から見たらラッキーなことです。

彼氏を大切にしてください。

しかし、なぜ男女ともに

恋人がいない人の方が多いんでしょうか?

まあ、人それぞれ理由はあるんでしょうが、

あるコメンテーターが原因の1つに

SNSの発達が関係あるのでは?と言っていました。

たとえば、あなたが好きな人に告白してフラれたとします。

すると、次の日にはSNSで拡散されて

友達みんなに知られることはもちろん、

最悪、見知らぬ他人にも広がっているかもしれません。

実際、私の知り合いの男性は

好きになった女性に対して行ったことを

周りの友達が事細かに知っていたことがあるそうです。

どうやら知り合いが好きになった女性が

「どこにデートに行ったか」

「どんな会話をしたか」

「どんな風に口説いてきたか」

などを友達に話したのが広まったみたいです。

男からしたら好きな女性に行った事が

みんなにバレるなんてめちゃくちゃ恥ずかしいです。

これは最悪なケースだとしても

今は隠したい秘密がもれやすい時代なんですね。

なので、

よほどの【恋の勝算】がなければ、

男性も怖くて女性を口説いたり、告白なんてできないのです。

それが結果的に恋人がいない人が増える原因になっているんですね。

ただ逆に過半数を超える男女に恋人がいないという事は

それだけフリーの人が多いという事になります。

良い方に考えれば誰でも

恋人を作るチャンスがあると言えますよね。

もしあなたがそのチャンスを手に入れたい場合は

「好きな人を彼氏に変える正しい手順」

をまとめたこちらの記事も合わせて読むことをおすすまします。

永遠彼女になる3つの秘密