年下男性を落とす甘え方はこの順番を守ること!!

私は世の中には好きな年下男性に甘える事に

抵抗がある女性が多いと思っています。

たぶん、抵抗がある理由としては

「年上だからしっかりしなきゃ」

「いい歳して恥ずかしいところを見せられない」

「年上なのに甘えると嫌われるんじゃないか」

みたいなことを思うんでしょうか。

しかし、男側の心理としてはこれは間違っています。

男は年上女性から甘えられたり、

弱音を吐かれたり、頼られると

嬉しいし、むしろ、かわいいと思います。

特に年下男性を落とす上で

「甘える」というのはものすごく有効です。

なぜか?

まず年下男性は自分よりも

人生経験がある年上女性のことを

「自分より上の存在」

として見ています。

そして、一般的に人に甘えたり、

弱音を吐いたり、頼ったりするというのは

【弱い立場の人が強い立場の人に向けてするもの】

ですよね。

だから、年下男性に甘えるというのは

年下男性に向かって

「あなたは私より上ですよ」

と暗に伝えていることと同じ意味になります。

これを踏まえて年下男性に

甘えることの意味を改めて考えてみましょう。

まずくり返しになりますが、年下男性は

年上女性を「自分より上の存在」だと思っています。

その「自分より上の存在」である年上女性が

年下男性に甘えた場合、裏に潜む意味は

【年上女性よりも年下男性の方が上の存在】

と認めたことになります。

だって、甘える行為は

「あなたの方が私より上ですよ」

と伝える行為だから。

つまり

年下男性に甘えるという行為は

年下男性から見ると

【上の存在(年上女性)が自分の事を

 さらに上の存在だと認めた(甘える)行為】

ということになります。

もっとくだけて言うなら、

年上女性から甘えられると

年下男性は

「オレは男としての価値が高い」

と感じます。

そして、男としての価値を高めてくれる女性を

男は本能的に大事にしたいと思います。

だから、年下男性に甘えるというのは

年下男性を落とす上でとても有効なんです。

ところが!!

1つだけ注意点があります。

前回言ったように

年上女性が魅力的に思われるのは

「大人の余裕」

があるからです。

ですが、もう言った通り、

甘えるという行為は

「あなたの方が上ですよ」

と伝える行為です。

これは言い換えると

甘えるという行為は

大人の余裕(=魅力)を放棄することと同じです。

だから、まだ年下男性があなたを

女性として意識していない段階で

甘えてしまうと引かれてしまいます。

それを防ぐためには先に「大人の余裕」を与えて

女性として意識させた後に「甘える」という順番を

必ず守る必要があります。

なので、甘えるより先に

まずは前回書いた記事のように

年上女性の魅力を伝えてください。

年下男性へのアプローチの仕方!迷惑なのはこれ!!

これをやって年下男性が

女性として意識しだしたら甘えてください。

具体的には2人きりの時に

普段、誰にも見せないような

「あなたの弱み」

を見せてください。

そうすると

「普段は強そうに見える女性が

自分にだけは心を開いてくれている」

というのがギャップになって

年下男性の男心を一気につかめます。

もしあなたが弱みを見せたり、

甘えるのが苦手なら、

「甘えるの苦手なの」

とそのまま伝えてみて下さい。

このセリフを言う事自体が

年下男性に甘えることになるからです。

まとめると

年下男性を落とす甘え方では

次の順番が大切です。

1.年上女性が持つ余裕を与える

2.他の男性に見せない弱みを見せる

必ずこの順番を守りましょう。